ボクと珈琲の出会い

高校へ通う頃、電車の駅まで徒歩5分。
商店街の中程に、ちょっとシックな珈琲屋。
中途半端な不良高校生には敷居が高くて入れなかった。
その頃、お好み焼き屋でアルバイトを始めた。
忘れもしない高校一年の冬休み。
そこの親父はとっても怖い人で、いつ殴られてもおかしくない。
しかし、今だに記憶に残る尊敬できる人。
その親父の弟さんがその珈琲屋を経営されていた。
そんなつきあいから、お好み焼き屋が休みの日は、
学校帰りに珈琲を飲みに立ち寄れるようになった。
初めて食べた紅茶ゼリーやアップルパイの
心くすぐる味は今でも忘れられない。

高校卒業後、大阪梅田の阪急百貨店に就職するが
石の上にも3年がすぎた頃、サラリーマンに嫌気がさした。
いつも会社帰りに、珈琲を飲んでいた。
ちょうどマスターが
「店を手伝ってくれないか?」
そうもちかけてくれた。
将来的に飲食店をやりたかった事もあり、
即、退社で商売の道に進んだ。
カウンター中心の珈琲専門店、味と雰囲気と話術で勝負する店。
とっても楽しい9年間、青春と呼べる時期を、
珈琲と語らいながら、多くのお客さんと過ごした。
そんなわけで珈琲と自家製ケーキには
今でもこだわっている。

今では単なる趣味の珈琲。
でもそんじょそこらの珈琲屋には絶対負けない!
美味い珈琲の楽しみ方をちょっとご紹介します。

珈琲豆の選び方 珈琲を美味しく入れる器具 珈琲の入れ方
トップへ レシピトップへ