お米のパワーはびっくり\(^o^)/
 お米を作って、あ〜お米って生きている、野菜って生きているって感じた。玄米を水につけて置いておくと、胚芽の部分から芽が出てきます。そのまま養分を少しづつやると、根っこが出て緑になって、葉っぱがでて一粒のお米から200粒以上のお米になります。
そうやって昔から日本人は米を作り続けて来たんだね。品種が変わってもこれからも、ずーっと作り続けられるんですね。
 感謝したいのは、お米は毎年同じ田んぼで作ってもいい事なんだ。野菜は毎年同じ物を作ると、病気が出たりするけれど、田んぼの偉いのはそこなんだね。水が栄養素を運び、空気中にある養分を吸っているだけでそこそこの量がとれるのがお米、それが自然な力の部分。人間が欲ばってに、いっぱい取ろうとするから米が病気になったり、虫がいっぱい出たりする、お米は人間よりはるかに賢い生き物なんだ。仲良く暮らすと人間も病気にならないよ、特に日本人は・・・。

 ご飯いっぱい150gと同じ栄養を持っているものは、6枚切りの食パン、ジャガイモ2個、ゴマ1.2g、ほうれん草2枚、キャベツ大きい葉っぱ1枚、りんご3分の1個、牛乳110ml、それが淡白質だったり、食物繊維、ビタミン、鉄分、カルシウム、糖質、脂質すべて含んでるんだ。偉い栄養士さんが、何十種類の野菜を食べましょうと言うけれど、そんな必要は全くない。米とその時期にその土地にある野菜と海でとれる小魚や海草、大豆食品だけを食べていたら絶対病気にならないよ。見直そう食生活、私も中年そろそろ成人病に気をつけよう\(^o^)/。

http://www.gohan.ne.jp/home.html
JAのごはんのページ、わかりやすく書いてある。
子供も楽しめるホームページはこれから一番大切なところかな?
トップへ 戻る
〒910-2511 福井県今立郡池田町藪田4-1-12 TEL&FAX 0778-44-7763  長尾農園 長尾伸二・真樹
当WEBサイトの画像・情報・記事の転載は、一切禁止いたします。