農薬について考えること 無農薬野菜編
本当の美味しさを求めてみたい。
化学肥料や農薬を使った物を食べた後に嫌な感じが口に残る。
経験した人しかわからない。そんなものばかり探し続けた都会暮らし。
添加物も家庭内農薬もまったく使わなくなった頃、
敏感に体が農薬や化学肥料に反応するようになった。

子供が大きくなりアトピーも気にならなくなった。
家の中には添加物のお菓子が増えだした。
いつしか忙しさで犠牲にしている生活があった。

でもどうしても譲ることが出来なかったのが、野菜に使う農薬だった。
私は、健康に生きていたいから農業を選びました。
農薬の被害は、農業者が一番多いはず、好き好んで
高い経費をつぎ込んで農薬を撒く農家はありません。
でも農家が何とか生活を守る為、最小限度の農薬を
使用するのは当然ですよね。
では最小限度の農薬について一緒に考えてみましょう。
無農薬と言えるかどうかわからない、野菜の種は購入する。
もちろん種子消毒がされている。
栽培期間中無農薬という事になる。
それでも今の自分たちにはそれで手を打つしかない。
その程度で充分と考えるところもある。
種や肥料の出所まで突き詰める事は簡単だ。
しかし、圃場での近隣での隔離まで考えるとリスクが大きすぎる。
今しばらく、栽培期間中の無農薬・無化学肥料栽培としたい。

肥料について

我が家では、牛糞の堆肥・生ごみと牛糞の堆肥・発酵鶏糞・天然ボカシ
米ぬか・油粕の液肥・木酢液・EM菌等を使用します。
化学肥料は一切使用しません。
但し、苗を作る時に床土を購入します。
その土には微量の化学肥料が含まれます。

BT剤の使用(微生物殺虫剤)を農薬と考えるか?
微生物と考えるか?悩んでいます。
現段階では、とうもろこし・黒豆に関して1回づつ使用しています。
安全性の面でまだまだ実験段階ですが、
普通の科学薬品の殺虫剤よりは相当安全であると判断します。
もう少し栽培技術を勉強して、より安全になるよう努力していきます。
各野菜ごとに栽培履歴を表示しますので
ページ上でご覧下さい。

野菜は、我が家が食べる分を少し多めに作る程度です。
家庭菜園の延長に作っていきますので、
いろいろ失敗談の方が多くなると思います。お楽しみに!

いろいろ農薬についてご意見やご要望などございましたら、
メールでお話したいなぁ〜なんて考えています。
どんどんメールください。HPでもご紹介いたします。
トップページへ お米編へ 画像へ
910-2511  福井県今立郡池田町藪田4-1-12   TEL/FAX 0778-44-7763 長尾農園 長尾伸二  
Copyright 2003- NAGAO FARM All rights reserved.