田植え前の田んぼの準備
特選米・一俵懸命!と田んぼ
植え・代かき
トップページへ トレーサビリティindexへ
元気にかえるが飛び跳ね、おたまじゃくしが孵る頃、本格的な皐月の作業が始まる。
太陽の日差しもまぶしく、たんぼの水面に反射する。もうすぐ一面緑に輝く季節が来る。
 田んぼの土がおおかた隠れる程度まで水を張ります。荒起こしや普段のローターリーと違う
ドライブハロー(NIPLO)という、代かき専用のロータリーが活躍します。
耕運爪が短かく、土の表層を耕し、タイヤの跡に草を流し込み、後ろの整地板で綺麗に均します。
 もともと均平のとれている田んぼで水の量もばっちりなら、綺麗な代かきができますが、
水が少し多いと草が浮き、田植えに支障が出て、田植え後も草の生育に稲が負けてしまいます。
また耕盤がきちんとできていない田んぼでは、トラクターがはまって動けなくなったりします。
一部分だけ深くなると、水がその場所に溜まり、特有の雑草の種がそこに集中して稲の生長を邪魔します。
 私の作っている田んぼは、もともと沼地や川原であった為、石がごろごろしている所が
多くなかなか作業に苦労することも多いのです。仕方ないかな?小作だからね(^^)
途中、トラクターを止めて、風で水面が波打つのを見て、綺麗な仕上がりかどうか
確認します。あまりトラクターでこねすぎると土がとろとろになりすぎて、
稲の酸素補給がうまくいかないので綺麗に早く仕上げるのがコツ。
綺麗になったら、ゆっくり昇降路へ向かいます。これでおしまい。一反の田んぼに、
約40分程度かかります。後ろばかり気になるので一日やってると首が痛くなります。(T_T)
忙しくなると、田んぼのそばの木陰で、おにぎりを頬張ります。これが何とも農業やっててよかったなぁ・・・。と思えるひと時でもあります。

 周りを見ると、そろそろ春野菜の
収穫も間近。
さあ、今年もよい年でありますように
と祈ります。

ご購入のご希望の前にこのページをご覧いただきましたお客様、ご質問やご相談、またご意見ご感想等どんどんメールでお問い合わせ
いただけると大変嬉しく思います。トレーサビリティーは農家が一方通行で行うもので無く。
消費していただく皆様が、農家に要望を伝え農家と消費者の皆様とのつながりで作り上げるものだと思っています。
トップへ  トレーサビリティーindexへ
910-2511  福井県今立郡池田町藪田4-1-12   TEL/FAX 0778-44-7763 長尾農園 長尾伸二
 nagao@nonkina-okome.com
Copyright 2003-2004 NAGAO FARM All rights reserved.