特選米・一俵懸命!と田んぼ
いよいよ田植え
トップページへ トレーサビリティindexへ
福井の山間部、標高200mの池田では、ゴールデンウィークがくると、田植えの始まり。
私の場合、面積のほぼ9割がコシヒカリの為、
5月8日ごろから田植えが始まる。何とか5月25日終了を目標に、日の出から夕暮れまで
気合で頑張ります。かーちゃんも田植えは大活躍。
 見出しから、不細工な夫婦の写真で失礼します。
たまには真剣な顔も見ていただこうかなぁ?
 一応、拡大画像も付けておきます(^_^;)
 ハウスから軽トラで運んだ苗を、畦や土手に並べて、田植え機の前にある予備苗ラックに
積んで、苗とり板を差込、後ろの植え付け部に苗を入れます。
うちの機械は5条植え。一条に2枚、計10枚と、苗ラックに6枚の16枚の苗をいっきに積んで
出発です。苗の根が張っていないとバラバラになり、うまく植える事が出来ません。
我が家の苗は心配なし(*^^)v。温かい午前中に出来るだけ田植えを行います。
今年は春から、夏のような日差しが苗を照りつける、うれしいような悲しいような(T_T)。
 田んぼに苗が植え終わると、「ガンバレー!!」と声をかけます。
 とにかく深い田んぼで前輪のほとんどが埋まってしまいます。こんなところは不細工な植え方になるけど、途中でターンしてバックで植えます。曲がろうが、どうしようが関係なく、とにかく逃げるように植えてしまいます。 田植え機のマーカー→
行きにマーカーがつけた目印に沿って、帰りは真っすぐ進みます。でもこれが難しい・・(T_T)。
 おたまじゃくしも元気に泳ぎ回っています。
このおたまがカエルになるまで、できるだけ
田んぼを干さないようにしたいものです。
 有機に無関心な方の田んぼには、
7月ごろ干からびたおたまじゃくしやタニシが
いっぱい。彼らも微生物、良いお米の生産に
多いに役立ってくれます。
 田植え機はガソリンで動きます。
我が家のかーちゃんはそんな事はお構いなし。(^_^;)
軽油も灯油もガソリンも混合油もサラダ油もごま油も
皆、油と思っているかも?

 トラクターは重油か軽油。草刈り機、溝きり機の2サイクルエンジンは混合油、ガソリンプラスオイルの油です。
私も最初はぜんぜん知らなかった(^_^;)。

ご質問やご相談など、お問い合わせいただけると大変嬉しく思います。
トレーサビリティーは農家が一方通行で行うものでなく、消費していただく皆様が、
農家に要望を伝え、農家と消費者の皆様とのつながりで作り上げるものだと思っています。
トップへ  トレーサビリティindexへ
910-2511  福井県今立郡池田町藪田4-1-12   TEL/FAX 0778-44-7763 長尾農園 長尾伸二
 nagao@nonkina-okome.com
Copyright 2003-2004 NAGAO FARM All rights reserved.