maki okashi ya san   
スフレタイプ チーズケーキ  21cm
材料
クリームチーズ 250g
牛乳(低温殺菌) 200cc
たまご(平飼い有精卵) 6個(M)
国産小麦粉 60g
洗双糖 80g
レモン少々、バター(マーガリン)少々
 1.ごく弱火で牛乳を温め、クリームチーズを溶かす。
 
 (絶対に沸騰させない事。チーズがだまになって残らないよう溶かす事。)

 2. 型にバターをたっぷり塗る。

 (私はあえて無塩バターを使いません。チーズケーキが焼きあがった時に
   周りのちょっと塩分を含んだ味が何ともたまらなく美味しいからです)


 3.別立てします。
   
  (チーズケーキでも作り方はいろいろです。自分にあった作り方を
   見つけましょう。
有精卵のとっても美味しい卵を使います。
   やっぱり美味しいものを作るには、美味しい材料を・・・!)


  4.卵黄に砂糖を半分入れよく泡立てます。

  5.4にさめたクリームチーズを裏ごししながらいれ
   よく混ぜます。
   
   (チーズがだまになっていると、焼き上がりがチーズ臭くなります。
     よくなじませてください。)

  6.よく振るった小麦粉を3回にわけ入れます。

  (出来るだけ手を休めずに泡立ててください。手早くするほうが、
    粉がだまにならず舌触りがよくなります。)

   よく混ぜてボールをとんとんして気泡をとります。

  7.卵白に残りの砂糖を入れ、あればレモン汁を入れ
  (我が家では使いませんが香りがよくなります。)
   一気に泡立ててください。

  (夏場は冷蔵庫で冷やしておくと泡立ちやすくなります。)

   オーブンを200度に温めておきます。焼く温度より高めに設定。
   湯銭にするのでお湯も沸かしましょう。

      (さていよいよ気の抜けない作業になります。)
 
  8.6(卵黄)に7(卵白)を混ぜます。

     (ボールの中を切るように混ぜ合わせてください。
     手早く綺麗にむらなくやりましょう。
ボールの底に卵黄が残ります。
     底までしっかりゴムべらを入れてください。)

   9.すばやく型に流し込み、天板に布巾を引き
  熱湯を入れ湯銭で焼きます。

  (あっ!その前に泡ぬきのとんとんしてね!)

  オーブンの温度は170度か180度スタートです。
   (オーブンにより異なります。ガスの場合は170度かな?)
  
   170・180度で15分、150度で15分、
    130度で15分、110度で15分くらいですね
    あくまで我が家のガスオーブンの目安です。

   (ご家庭のオーブンのいい焼け具合探してください。途中お湯がなくなったら
    足し、よく庫内を見てください。温度が高すぎると焦げたり破裂します。)


   焼きあがったら、すぐに型から外して下さい。
    (アプリコットジャムを塗るような邪道なことはやめましょう。
     粗熱が取れたら濡れ布巾をかけ一晩我慢しましょう。
     出来立てより100倍おいしいチーズケーキになります。)



今回の卵は元気ネットマツダファームさん
ケーキのお供は静岡栗崎園さんの紅茶
幸せは美味しいものから、美味しさは安心から、安心は顔が見えるから。
楽しい家族団欒は心強い仲間がいるから。
美味しいものが口に出来る毎日に感謝です。
top
back mail
このケーキは、私が勤めていた珈琲屋さん。果琳のチーズケーキです。本当に素朴な味が魅力の人気定番ケーキです。
大阪、阪急電車 三国駅・庄内駅・服部駅下車すぐにあります。

地元ではとっても有名だよ。
910-2511  福井県今立郡池田町藪田4-1-12   TEL/FAX 0778-44-7763 長尾農園 長尾伸二 
 
 nagao@nonkina-okome.com
Copyright 2003-2004 NAGAO FARM All rights reserved.