画像で見る米作り
苗作り
我が家の一俵懸命は、除草剤を一回使います。
田植え後に一発処理剤を田んぼにより使い分けます。粘土質、砂地、黒土、一枚一枚田んぼの顔も変わります。もちろん生える草の種類も変わってきます。ヒエの多い田んぼ(よく乾く田んぼ)にはクリンチャー系、多年生雑草(粘土質の湿田)にはバサグラン系、と使う除草剤も薬品会社と相談の上使っています。

現状の私の栽培技術では、除草剤なしの無農薬栽培を行うと白米10kg一万円以上になっちゃいますし、体力の限界が一年で訪れる事になるので、除草剤は手放せない薬剤となっています。
back index next
910-2511  福井県今立郡池田町藪田4-1-12   TEL/FAX 0778-44-7763 長尾農園 長尾伸二
当WEBサイトの画像・情報・記事の転載は、一切禁止いたします。